Drive -道路走行シミュレータ-

リアルタイムCGプレゼンテーションをより早く、簡単に。

CG(コンピュータグラフィックス)による設計検討、プレゼンテーションには従来、莫大な設備、予算、工期が必要でした。
Driveを使用することによって、STRAXcube シリーズの設計データ/地形データから簡単に、道路設計技術者自身が、リアルタイムCGプレゼンテーションを設計業務の副産物として作成することができます。

ゲームパッド、マウス、キーボードでカメラの位置を自由に移動

地元説明会等、プレゼンテーションの用途以外にも簡単にできるDriveならば、発注者との打ち合わせ、設計者自身による設計の確認等、様々な用途にご利用いただけます。