車両開発・実験 仮想テストコース

車載ECU開発と加振機による台上実験用途の市場3D道路地図をご提案します。
これはVirtualOrbit (数式による仮想軌道:3D地図)を利用するもので開発期間の短縮・コスト削減に革新的な貢献をいたします。
最大の特長は道路の曲り、縦断勾配、横断勾配(カント)だけでなく超精密な路面凹凸(オウトツ)を持つことができます。

市場道路の凹凸データ

詳細凹凸データ(5mmメッシュ)

 

路面凹凸の計測密度と精度

走行測量車 地上レーザ
取得データ密度 横方向: 5mm~8cm 横方向: 0.2cm~1cm
進行方向: 7.5cm(時速20km/h)、15cm(時速40km/h)
     使用機材、速度により5mmまで可能
進行方向: 0.2cm~1cm
取得データ精度 絶対精度:平面・標高共 5-10cm(1σ) 絶対精度:平面・標高共 6mm(50m)
標高分解能: 2mm(等高線作成可能) 標高分解能: 0.2mm~1mm

 

サンプルデータのご提供

CarMaker、CarSim、veDYNA等の各種シミュレーション向けサンプルデータをご提供いたします。

サンプル内容

  •    箱根ターンパイク 上り:小田原(料金所)~箱根方面(大観山展望台)
  •    延長距離:13.6km
  •    データピッチ:10cm、50cm
  •    データ形式:OpenCRG、STL、XYZ(csv、txt)、その他お問い合わせ下さい


提供:IPG Automotive㈱

お問い合わせはこちらから

ECU開発・検査用バーチャルテストコース

自動車電子部品(ECU)開発・検査(HILS)用途の数式仮想軌道

バーチャルテストコースにおける走行シミュレーション


ムービーのダウンロードはこちらから(54.1MB)

台上試験に利用

これらの路面凹凸データは約8cm角に1点の密度で計測したものです。計測間隔をタイヤのスレッドよりも小さく計測することも可能です。


アニメーションのEXEファイルはこちらから(8.7MB) windowsのみ
アイサンテクノロジー株式会社さま : 株式会社バーチャルメカニクスさまご提供


アニメーションのEXEファイルはこちらから(9MB) windowsのみ

アイサンテクノロジー株式会社さま : 株式会社バーチャルメカニクスさまご提供

CO2排出量削減、動力性能計算、各種のアクティブ制御に利用


ムービーのダウンロードはこちらから(4.5MB)
ネオリウムテクノロジーさまご提供

移動体計測車 / MMS-Sシステム概要

平面線形の作成

縦断線形の作成

MMS計測データの活用例

関連資料:

バーチャルテストコースのご説明 (PDF:12.7MB)
HILS利用例 / veDYNA (PDF:505KB)
アクティブセーフティ / HILS利用例(PDF:2.35MB)
ECU開発・検査用バーチャルテストコース(PDF:690KB)
バーチャルテストコース サマリー (PDF:156KB)