0

RoadPlannerでレーザースキャナの点群データをサポートしました。
STRAXcubeの地形データとして点群データを使用することができます。

レーザーデータの読込・表示

ポリゴン(TIN)生成表示横断地形の獲得

横断地形の獲得

縦断地形の獲得

Continue Reading

0

RoadPlannerが超精密面モデルをサポートしました。
従来の道路設計CADでは不可能だった法面勾配すりつけ、切盛境の計算自動化、法面オーバーハングの計算自動化などの機能をサポートしました。
マシンコントロール用のTINをRoadPlannerからダイレクト出力し、丁張り不要の施工環境を構築するなどの応用が考えられます。

ポリゴン(TIN)ベースの3D設計

山林、田、畑、既存道路等を分類した属性別TINモデル

3D表示

2D表示 法面計算の自動化

切盛境の計算を自動化

この記事のPDF版を作成しました。あわせてご覧ください。
RoadPlanner_sekou_20091221(5.7MB)

Continue Reading

0

RoadPlannerを使用してマシンコントロール用の道路計画ポリゴンを作成し、その後3Dスキャナで計測したレーザーデータとオーバーレイ表示しました。

これにより、計画横断面と施工横断面との誤差を比較することができます。

使用例:
中部地方整備局 建設ICTモデル事業
N029 三重河川国道 H20 23号三行南地区道路建設工事
MG(マシンガイダンス):
バックホーのMG用データ作成と3Dレーザ計測による出来形検査成果一覧

計画 / 3Dの精密ポリゴン

現況 / マシンコントロール施工後の3Dレーザー計測

計画と現況データのオーバーレイ

施工誤差の段彩表示

段彩の平面表示と切断面指定

切断面の横断表示

この記事のPDF版を作成しました。あわせてご覧ください。

RoadPlanner_sekou_20091221(5.7MB)

以下のリンクもあわせてご覧ください

建設ict導入研究会 第4回 設計施工見直しwg説明資料【総会説明用資料一式】を参照ください。
http://www.cbr.mlit.go.jp/kensetsu-ict/data/event/21-11-27soukai/21-11-27sokai-pkaigi.htm

モデル工事へのICT導入効果(中間とりまとめ)H21年11月27日
頁17(富士砂防モデル工事)と頁18(三重モデル工事)の計測方法の差に着目ください。
また、データ入力・修正時間は、頁6の富士で120時間、表に記載はないが三重では当該ソフトを使い5時間で完了しました。
http://www.cbr.mlit.go.jp/kensetsu-ict/data/event/21-11-27soukai/sokai-siryou/S-09.pdf

建設ICT現場見学会(三行南)
http://www.cbr.mlit.go.jp/kensetsu-ict/data/event/21-09-08kengaku/special-report/pdf/21-09-08scan.pdf

Continue Reading